iTunes Store(Japan)

2009年02月24日

ナイズル 防具層チャレンジ

とりあえず100層までの記録は作ったので、フレと一緒に防具層にチャレンジをしてみることに!

フレはアスカル胴とアスカル頭が欲しいらしく、自分も頻繁にデュナミスの北方で出動要求される侍用に、同じモノを狙ってみようかと思ったのですが、まあマートキャップもあるし胴は麒麟大袖もあるしであとでもいいよってことで、フレの分を先に優先して取ってあげることにしました。

とりあえず残りの4名はシャウトで募集することにして、自分は後衛の赤で出るのはめんどくさいのでシーフで出動することに。

…で、まあアスカル〆にしてあっても、「トークンを主催が出します」というシャウトにすれば、記録をそもそも持っていない人も含めてわりと集まるようです。

そして80層を2回、100層を2回と2回ずつセットにして行ったのですが、両方の層でなんと一発でアスカル装備がドロップするというミラクルが!

無事にフレはお目当ての装備をゲットしたのですが、私の分が出ません(;´д⊂)

日を改めて何度も行ってみたりしたのですが、出るのはアスカル以外の防具ばかりw

そのうちトークンが足りなくなって、野良で〆なしの募集をかけてみることに。

もちろん、その場合はトークンは参加者全員でランダムをして一番少ない人が出すことにしてみたのですが、そういうときに限って1回失敗したりとか。

薬品は毎回持って行くので、トークンがあまり貯まりません。

そんなことを何回か繰り返した後、とうとうフレはお手伝いをしてくれなくなり、自分一人でシャウト募集をかけるハメに。

とりあえず、「トークン主催出しの、アスカル〆」という条件で、2回ほどチャレンジできるトークンは貯まったので、また行ってみることにしました。

1戦目は無事勝利、そしてドロップはデナリ装備。

参加者の誰かがハッピーになることなので喜ばしいことなのですが、現時点のナイズルは、クリア時に得られるトークンと突入する際に必要なトークンのコストのバランスが悪いために、どうしても最後には突入できるトークンがなくなってしまう設計になっています。

ちょっとだけブルーになりながら、2戦目に突入。
これまた時間をかなり余らせた感じで無事に勝利。

そして、ドロップのアイテムを確認すると アスカルコラジン の文字が!

アスカルコラジン Rare Ex 防49 STR+5 攻+12 回避+12
ダブルアタック+2% ストアTP+5 コンビネーション:HPmax+
Lv75〜 戦ナ暗獣侍竜

ようやく、お目当ての装備を手に入れることができました。

自分がトークンをだすと、かなりの割合で防具が出るのですが、今まで自分の欲しい防具のドロップに恵まれなかっただけに、嬉しかったですね〜。

まだ実践に投下していませんが、週末のデュナミスで活躍するかもしれません。
楽しみ。

また暇を見て防具層のシャウトをしなければ!
ラベル:FF11
posted by らん at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ナイズル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

21層からのチャレンジ

久しぶりのナイズルは不慣れなことも相まって、かなり手強かったりもしましたがなんとか少しずつクリアしていったのでありました。

40層くらいまで来たところでその時にクリアしたメンバーに声をかけ、このメンバーで100層を目指さないかという提案をしてみることに。

そして、毎週火曜日と金曜日の夜、チケットをきっちり貯めておいて進んでいこうという約束の下、さらなるクリアを目指したのです。

前衛は戦士、侍、暗黒、青魔道士、後衛は白魔道士と赤魔道士と、それぞれができるジョブの中で、効率が良いものをその都度出していく。

今思えば、トークンはメンバーでもちまわり制にするべきだったかなと思いますが、毎回ランダム勝負をすることになってしまいました。

そしてなぜか自分が2桁台を出して負けることが多く、100層クリアするまでにかなりの割合でトークンを出したかもしれませんw

でもまあ、自分がトークンを出した回はキッチリとクリアできていたのでヨシとしてましたが(^_^;)

40層から100層までで、確か失敗したのは2回くらいだったかな?

ものすごい勝率でクリアができたので、目的達成まで3週間もかからなかったような気がします。


不向きと言われる白魔道士の方は、サポ学を駆使し、さらにマップ内の空間把握能力に優れているのか、クリア間際になると誰よりも早くゴールに向かってくれているという感じの優秀なプレイヤーさんでした。

赤魔道士の方はこれまたきっちりと赤の仕事をこなしてくれて、助かりましたし、ほぼすべての方が自分の役割をきっちりとこなし、ナイズルというコンテンツのルールをそれぞれが理解していたからこそ、すんなりとクリアできたのだと思います。

同じメンバーで続けていくと、その人の個性もわかってきたりするので信じて任せられる部分もできてきて、時間短縮に繋がっていくんですよね。

ナイズルは1回30分という制限があり、またどんな条件とマップと敵を引いてしまうかは運に左右されますから、効率重視でなおかつ無駄のない動きをしていかないとリトライの回数が多くなってしまいがちです。

これから始められる方は、電撃から出ているムックの最新のものを購入すると、ナイズルの攻略法が簡単にまとめられているのでオススメです。

というわけで、今はナイズルの防具や武器を集めて、毎週コツコツと挑戦する毎日であります。

まずはアスカル装備のコンプリートからかなぁ…。
ラベル:FF11
posted by らん at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ナイズル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

ナイズル始めました

マートキャップの取得が一段落したので、そろそろ新WSが使える武器が欲しいなぁと、ナイズルの挑戦を再開しました。

ちょっと前まではナイズルの踏破ブロックの記録は一人しかできなかったのですけれど、バージョンアップのおかげで同一ブロックまでの記録保持者同士であれば、そこから先の踏破記録も一緒に積算されていくようになりました。

もうちょっと分かりやすく言えば、記録を持っていない人が96層からのお手伝いをしても記録の更新はされないということになります。

記録がある人は、5層単位で開始時の階層を選べるのですが、その際にトークンというクリア時に貰えるポイントを選んで進んだ人のみ、減算されてしまうことになります。

さらに、クリア時のポイントよりも減算されるポイントの方が基本的に多いという、嫌な使用になっています。

つまり、クリア重視で100層を目指したとしても、同じ人がトークンを出し続けていると、どこかでトークンが足りなくなってしまって攻略ができなくなってしまいます。

そんなわけで、なるべく身内でトークンを出し合って進んでいくと幸せになれるんですが、こういう攻略モノが好きな人や得意な人ばかりではないので、どうしても野良メンバーを募集して進行していくことが多くなってくるのが問題と言えば問題です。

ちなみに、20層までの踏破記録は持っていたので、そこから一緒にやってくれるフレを一人だけ見つけたので、そのフレと一緒に100層を目指したのでありました。

ナイズルはジョブを選ぶ遊びです。
もちろん、どんなジョブにも参加する権利やチャンスはあるのですが、自分勝手なポリシーを貫く人のために誰かが犠牲になったり、クリアの勝率が落ちるということがよくあったりします。

一人の身勝手やまたミスによる影響がそれなりに大きいので、手を出しにくくなっているコンテンツだとは思います。

オススメは、戦侍青赤詩、ボス層のみシーフがいてくれると幸せになれるかもしれません。

あとのジョブの場合は、メリポで思いっきり強化しているか、あるいは廃人装備を持っているかなどなど、要求されるスペックがかなり高くなり、初めてチャレンジする人にはあんまりオススメできません。

あとは上手いフレと一緒に失敗上等でクリアを目指すのも、また1つの方法かもしれませんけどね。

なるべくなら、プレイできる条件が厳しい(1日につき1枚だけ、このコンテンツに参加できるチケットが発行される)ので、勝率が高いジョブをうまく鍛えて参加したいものですね。

というわけで、ナイズルのレポートも遅ればせながら、ちょっとずつ書いていこうかと思います。
ラベル:FF11
posted by らん at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ナイズル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Sony Style(ソニースタイル)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。