iTunes Store(Japan)

2011年02月21日

ミッション クエスト アートマ取り

現在、残っているLSメンバーの積み残しイベント状況。
◎ ナイズル100層(終わりました)
◎ シャントットの野望(終わりました)
△ 石の見る夢(ラストBC)
△ アルタナミッション(途中まで)
△ 3国ミッション
△ プロマシア・ジラート総合最終ミッション(暁以降)


積み残しこちらも多し。
少人数でクリアするのがしんどいのもありそうですが、まあなんとかなるでしょう。

やらねば!

これやりたい人が他にいればLSメンバーでなくても参加してもらってもいいんですが、みなさん終わってるのかしら?

小規模LSだけで全部できそうなので、こちらとしては問題なし。

しかし、エンピリアン装束など目先のコンテンツだけに注力する人も多い現状、シャウトでの募集もそりゃなくなりますよね。


今後LSメンバーのために取らせないといけないアートマ。

剛腕、紫苑、灰塵、凶角、極彩 などなど。

ブームの時にアビセアに興味がなかったため、現在困っている良い例です(笑)

まあ、がんばろー。
タグ:FF11
posted by らん at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | LSのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

2011年2月度 アビセア近況報告

アビセアフィーバーに翻弄されている冒険者の方々、頑張っていますか?

オンラインゲームは旬を逃すと、イベントそのものを楽しむことすら難しくなりますが、旬に乗りすぎるとこれまた競合する他の方とのトラブルに悩まされるのが困りものですね。

パワーユーザーが周りにいる方は、先行組となった方が優越感に浸れること間違いなしなのですが、中途半端なポジションにいると敵と戦っているのか、ライバルと戦っているのかわからなくなります。

現状の仕組みですと、そのあたりをうまく回避するのは譲り合いの精神しかなかったりするので、プレイスタイルに差異があると折り合いもつきません。

私自身は、順番にできるならそうすればいいし、そうでないなら早い者勝ちでも別に構わないし、という考え方です。

しかし、つまんないトラブルにあえて突っ込むのも得策ではないので、現時点では周回遅れを楽しむという感じになっています。

アビセアのアイテムなどは、一度作ってしまえば仲間の分の再取得で再度訪れることはあるものの、やはりそれもいつかは終了する作業でしかありません。

トラブル上等で先を急ぐのもプレイスタイルですけどね。


アビセアはパワーインフレを生むし、その先に何をすればいいかわからない、つまらないという声も聴いたりもしますけど、大規模コンテンツの多人数対応モノに比べたら、気軽に楽しめるところが私は気に入っています。

末期と感じている人は、ゲームの消費が早すぎることに気が付いておらず、全体的に急ぎすぎ。

しかし、のんびりしすぎてもオンラインゲームサービスの終了という永遠のテーマが(笑)


現在、アートマ取りと型紙取りを脚からやっております。

全20種類もあるので、バスティオンの戦績を貯めるのと、足の装束を金箱から出すのが非常にめんどくさいです。

型紙を集めるのはなんとかなるんですが、バスティオンが…。
つまらない、すぐ終了する、始まらないの3重苦。

困ったものです。
タグ:FF11
posted by らん at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | アビセア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Sony Style(ソニースタイル)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。